ドクター

潰瘍性大腸炎を予防する|日々の健康管理が大切

患者さんへの負担が少ない

診断

がんの三大治療に加えて、免疫療法に注目が集まっています。患者さん自身の免疫細胞を活用したこの免疫療法は、副作用によって患者さんが苦しむということがないという特徴を持っています。

もっと読む

免疫力がカギを握る

先生と患者

潰瘍性大腸炎は、便が段々とゆるくなることが症状として最初に現れ、その後は弁の出血、痙攣性の腹痛と頻回の排便を催す症状が現れる病気です。病変は最大で直腸から結腸全体に広がることが知られています。病気の発症原因は未だにわかっておらず、勘違難しい病気の一つとされています。そのため、病気を発症したら、その症状と上手に付き合っていくことが大切であると考えられます。現在の治療法は、軽度の症状であれば、投薬による症状の消失を試み、投薬を行なっても症状に改善が見られないときには、手術が検討されます。潰瘍性大腸炎を緩解に導くためのポイントは、崩れた免疫バランスを正して、免疫力を安定させることであるとされています。日頃ストレスを感じ続けていると、身体の免疫機能が低下します。身体の免疫機能が低下すると、体全体で不調が生じてしまいます。規則正しい生活と充分な睡眠、そしてバランスの取れた食事は、潰瘍性大腸炎のみならず、私たちが健康な状態で生活するためには必要なことなのです。頑張ることも大切ですが、健康を損ねてしまっては何にもなりません。自身の体調管理に注意して、病気にならない生活を心がけていきましょう。

潰瘍性大腸炎を発症した人の話によると、症状の緩解が見込まれないときには大腸を摘出しなければならないこともあるようです。大腸を摘出すると、生活をする上であらゆることに不便を感じるようになります。こうした事態に陥ってしまわないようにするためにも、自身の健康管理に気をつけましょう。

研究が進んでいる

医師

悪性リンパ腫は血液の病気の一種です。近年治療に関する研究が進んだことで、高い確率で治癒することができるとされています。詳しい記載は病院のホームページなどに載っているので、一度調べてみると良いでしょう。

もっと読む

早期発見を目指して

腹部を押さえる女性

胃がんは日本人の多くが発症する病気として知られています。早期に発見することが出来れば完治が可能な病気なので、定期的な検診を受けるようにしましょう。また、食生活にも気をつけて予防を心がけましょう。

もっと読む