医師

潰瘍性大腸炎を予防する|日々の健康管理が大切

早期発見を目指して

腹部を押さえる女性

胃がんは、肺がんに次いで死亡率の高い病気として知られています。ガンの深達度が粘膜内または粘膜下層までにとどまっていれば、大きさやリンパ節への転移の有無に関係なく早期胃がんと定義されています。胃がんを早期発見することができると、治癒の確率も格段に上昇します。日本の早期胃がんに対する治療は世界的にも優れたものであるとして注目されているのです。

胃がんには特有の自覚症状がありません。早期の胃がんの多くは無症状であるので、定期的な検診を受けることが大切になってきます。体重の現象や消化管からの出血がある場合には、すぐに専門の病院で検査を受けるようにしましょう。自覚症状が無い段階で胃がんを発見した人の生存率は100パーセントに近く、素早い発見をすることが出来れば完全に治すことができる病気となっているのです。

胃がんに効果があるとされているのが、NK細胞療法です。NK細胞療法とは、がんの進行度に関係無く、転移病巣にも有効であることが挙げられます。副作用がほとんどん無く、身体的負担の少ないものであること、他の治療法との併用で相乗効果が期待できます。また、胃がんの再発、転移防止にも有効なので、さまざまな効果が期待できる治療法として注目されている治療法です。

胃がんの原因としては、ピロリ菌の感染や食生活などさまざまなことがあげられます。塩分の摂り過ぎや果物や野菜の不足などは、胃の粘膜を弱める原因となるので注意が必要です。これらのことに気をつけていても、胃がんを完全に予防することは困難であると考えられることから、定期的な検診を受けるようにしましょう。