医師

潰瘍性大腸炎を予防する|日々の健康管理が大切

患者さんへの負担が少ない

診断

現在のがん治療では、外科手術、抗癌剤治療、放射線治療の3つが三大治療とされています。多くのがん患者さんが、これら3つの内のどれかを選択して治療を進めているのです。これらの治療は、身体にメスを入れることや副作用などのように、大きな負担が患者さんにかかるということが課題となっていました。これらの課題を克服するがんの治療法として、免疫療法が注目されています。免疫療法とは、外部の力によってがん細胞を攻撃するのではなく、患者さん自身の免疫細胞によってがん細胞を攻撃するといったものとなっています。自身の細胞を治療に使用するので、患者さん自身に大きな副作用がなく、患者さんにかかる負担が軽いことを最大の特徴としています。また、三大治療との併用も可能であり、三大治療の効果を高めることも期待されているのです。

免疫細胞療法とは、患者さんの血液から免疫細胞を取り出して免疫細胞を培養し、再び体内へ戻すという作業を行ないます。この作業に関する安全性に興味を抱く人もいることでしょう。免疫療法の安全性は、現在では厳密に注意しながら行なわれているといえます。これまでに免疫療法を受けた患者さんの中で、重大な事故が起きてしまったケースは存在していません。テクノロジーの進歩によって、安全性に関する対策はこれからもますます向上するものと考えられます。このようなことを考えると、免疫療法は安心して治療を受けることができるものであるといえるのではないでしょうか。