医師

潰瘍性大腸炎を予防する|日々の健康管理が大切

研究が進んでいる

医師

悪性リンパ腫は、血液を流れるリンパ球という細胞が異常に増えることによって、首や脇のリンパ節がはれたり、しこりができたりする病気です。この悪性リンパ腫は血液のがんとも呼ばれています。リンパ球は血液中に存在することから、全身で悪性リンパ腫が発生する可能性があります。病名に悪性という名前が付いていますが、治療によって高い確率で治癒を目指すことができるとされています。

私たちの体には、病気を治したり、異物を排除することができる仕組みになっています。この病気を治すシステムの事を免疫と呼びます。この免疫があるおかげで、私たちは自然に健康を保っているのです。リンパ節はこの免疫の一つであり、体内の異物を排除する働きを持っています。この働きのおかげで、がん細胞ががん化する前にやっつけることができるのです。しかし、このリンパ節自体ががん化することがあります。リンパ節に出来物ができた場合に、この出来物が悪性であれば悪性リンパ腫と呼ばれる病気となります。悪性リンパ腫の怖いところは、全身の免疫力が低下するということです。免疫力が低下すると、いろいろな病気が発症するリスクを高める事になります。

悪性リンパ腫は、放射線や抗がん剤がよく効くので、放射線治療と化学療法の併用が主な治療法とされています。近年では治療の研究も進んでいることから、治療後の再発の可能性を減少させることや、長期生存が可能になっています。悪性リンパ種の治療に関する詳しい記述は、専門医院のホームページにも載っているので、一度読むことをおすすめします。